HOME>ものづくり日誌>長津田Tマンション新築工事① 建築環境・山留工事

ものづくり日誌

2022/03/15長津田Tマンション新築工事① 建築環境・山留工事

こんにちは。
ご無沙汰しております。建築部のNです。防災訓練2019以来のブログです。

新しい現場が始まりました。
新しい現場が始まる=新しいブログが始まるということです。
竣工までの期間、定期的に更新していきますので、よろしくお願いします。


第1回目はメンバー紹介、現場環境と建築概要、現在までの進捗状況をお伝えします。




【メンバー紹介】

今回の現場は3名体制で行います。
☆この道30年以上、建築以外の知識も豊富、
 スタイル維持の秘訣はテニスとランニングでしょうか(!?)N所長
☆建築部に異動して2年半が経ちました。
 昨年女性社員仲間が入り、嬉しくも所長への道は険しい事に焦りを感じる工事担当N
☆入社してもうすぐ1年、何事も全力で取組みます!
 美容番長(頼りにしてます)、工事担当O

なお、ブログは工事担当の「ONコンビ」でお送りします。
ONコンビ...Oさんは知ってるのかしら。
(...これ以上触れないでおこう)


【現場環境と建築概要】
当現場は横浜市緑区長津田にあり、長津田駅から徒歩5分の住宅街にあります。
長津田...「ながつ」と読みたくなりますが、「ながつ」と読むそうです。
この機会にぜひ覚えてくださいね。

建物はRC造5階(一部4階)、1LDK18戸の共同住宅です。
元々は木々が生い茂っていた場所ですが、一部先行で開発工事を行い(開発工事は他社施工)、
弊社は建築工事を施工するという流れになっています。
工期は2021年12月~2023年2月の予定です。

〇開発前の現場(2021年3月末頃)
image1.jpg

〇一部擁壁造成後の現場(2022年1月)
image2.jpg
だいぶ景色が変わりましたね。
あと1年したら更に景色が変わることでしょう。


【現在までの進捗状況】
〇地鎮祭
天候にも恵まれ、無事に執り行うことができました。
image10.jpg

〇地縄検査
施主様・設計事務所に建物の配置等を確認していただきました。
image11.jpg
地鎮祭・地縄検査はこちらのブログでも紹介しております。

〇山留位置出し
山留H鋼を打設する位置を出します。
墨出し大工さんが雪が残る現場の中で作業を行いました。
image3.jpg

〇山留工事
基礎工事施工前に地山の崩壊を防止する為、山留を行います。
当現場は高低差があるので、6種類の長さのH鋼を使用します。
H鋼の搬入ではラフタークレーンを使用しますが、今回は「ピタゴラス」という重機を使用しました。
ブームの先にある「ジブ」が水平に長く伸び、奥行きがある現場でも重量物を楊重する事ができます。
image9.jpg
搬入したH鋼の一部です。
1番長いもので7.5m 、重量は540kg近くあります。
image4.jpg

さあ、H鋼の打設を始めましょう!
まずは、墨出し屋さんが出した位置に鉄筋を差し、H鋼を打設する高さを測り目印を付けます。
image8.jpg
その後、建柱車にオーガーを装着、掘削します。
所定の位置まで掘削し、オーガー引揚げのタイミングでセメントミルク(セメント+水)
を注入します。
image5.jpg
建柱車は自走式で楊重から掘削までできる万能な車輛です。
その活躍ぶりはこちらのブログでもご覧いただけます。

掘削が終わり、続いてH鋼を打設します。
垂直の確認をしながら、慎重に打設を行います。
image6.jpg
H鋼の打設が終わりました。
この作業をあと「ななじゅういっぽん...」、行います。
image7.jpg
山留工事のあとは「根伐工事」です。

詳細は次回、工事担当Oに紹介してもらいましょう。ぜひご覧ください。

お問い合せ

最新記事

カテゴリー

バックナンバー

2022年

2021年

2020年

2019年

2018年

2017年

フロンターレ川崎 川崎信用金庫 川崎ブレイブサンダース 神奈川地方協力本部 防衛省・自衛隊 東京中小企業投資育成株式会社

TOPへ戻る