HOME>ものづくり日誌>狛江市Hマンション新築工事④ (内装工事編)

ものづくり日誌

2020/10/03狛江市Hマンション新築工事④ (内装工事編)

今回から記事作成に参加しました建築部のA・Oです。
よろしくお願いします!

いやーー、梅雨が明け猛暑が続いていましたが、一気に気温が下がり寒くなりましたね。
体調管理はしっかりとしないとですね!

さてさて、今回の記事の内容は「内装工事」についてご紹介します。
内装工事についての流れは以前のものづくり日誌で何度も紹介していますので、紹介できていない工事もご紹介したいと思います!!


「転がし配管」

名前の通りコンクリートの床に直接配管していきます。
配管の位置を間違えないようコンクリートに直接、数字や線等の目印を書き込み、それをもとに配管を行っていきます。
転がし配管.jpg

ん!壁にピンク色の物がついていますねー。
その正体は「発泡ウレタン」です。
外部に面している所にウレタンを吹き付ける事で外からの暑さ・寒さを遮り、室内の温度を一定温度に保つ役割があります。
ウレタン吹付1.jpg

吹き付けるとマシュマロのような柔らかい塊がモコモコと膨らみます。

ウレタン吹付2.jpg

別の現場ですが小川組のYouTubeチャンネルに、ウレタン吹付けの動画があります。
ぜひご覧ください!

吹付完了後の写真です。
時間が経ってもも柔らかいのかな?と思いますが・・・意外と固いんです。

つづいて、「際根太(きわねだ)・置床」→「軽量間仕切り(LGS)」→「ボード貼り」→「クロス張り」をご紹介します。

「際根太(きわねだ)・置床」
際根太・置床.jpg

周囲に際根太を取り付け、その上にパーチ(パーティクルボード)を置きビスで止めていきます。下に電気設備の配管が通れるようコンクリートと床に空間を作ります。
防音・保温効果も兼ね備えています。

際根太・置床2.jpg

敷込完了!
中間部分には支持脚を入れて重さに耐えられるようにしています。

次は・・・
軽量間仕切り
軽量間仕切り1.jpg
軽量間仕切り2.jpg

軽量鉄骨(LGS)で内部空間を仕切り、用途別に部屋を区切ります。
その後、ボードを貼りつけ内壁を作っていきます。

ボード貼り
ボードを貼るにあたって二つの貼り方があります。
一つ目は軽量鉄骨にボードを貼りビスで止めて貼っていくやり方。
ボード張り1.jpg

二つ目は先ほど紹介しましたウレタン面にGLボンドを団子状に塗り、ボードを直貼りしていくパターンです。

GL張り.jpg

ただ適当に間隔をあけて塗っているわけではないんですよ!
団子のサイズ、縦、横の間隔もしっかりと決まったピッチがあります。
貼っているボードは、石膏ボード(プラスターボード)と言って断熱、遮音性に優れています。

ボード貼り完了.jpg

ボード貼り完了です!さて次は「クロス張り」です!
よし!ちゃちゃっと壁に張って完了だとはなりません・・・
クロスを張る前にパテ処理といった下地の準備があります。

クロスパテ処理.jpg

パテ処理はクロスを張るにあたって大事な作業です!
クロスはとても薄い素材ですので、下地の繋ぎ目、段差をパテで平滑にしないとクロスを張った後の仕上がりがとてもみっともない事になってしまいます。つまりパテ処理は、下地の不陸や溝を埋めて一枚の壁にする作業です!

パテ処理完了後いよいよクロスを張っていきます。

クロス張り
クロス張り.jpg

糊付け機を使って糊付け+裁断をします。
張るときにはローラー、撫でバケを使い綺麗にムラなく張り付けていきます。

クロス完了.jpg

完了です!いっきに部屋っぽくなりましたね~
フローリングを張ったり、住設機器を設置したりとまだまだたくさんの工事がありますが、またの機会にご紹介できたらと思います。

最後に、内装の工事が完了した写真がこちらになります!

内装完了写真1.jpg

今回の記事はここまでとさせて頂きます!次回で最終回となります!
またのお読みいただけたら幸いです!!さようなら~~




お問い合せ

最新記事

カテゴリー

バックナンバー

2020年

2019年

2018年

2017年

フロンターレ川崎 川崎信用金庫 川崎ブレイブサンダース 神奈川地方協力本部 防衛省・自衛隊 東京中小企業投資育成株式会社

TOPへ戻る