HOME>小川組通信電子版>小川組協力会社の職人さんにインタビューしてみた

小川組通信電子版

2019/02/20小川組協力会社の職人さんにインタビューしてみた

こんにちは!現場監督今年で6年目のTと申します!
今回の記事のテーマは ...

「職人さんインタビュー!!」

小川組と一緒に建物を作る協力会社さん達はどんな仕事を 、どんな思いでしているのか...!!
インタビューしたのは、長年小川組を支えてくださっている 内・外装の職人さんたちです。
それではインタビュースタート!!




◆インタビュー1
松村塗装①.jpg

Q1 職種はなんですか?
「塗装業です。」


Q2 どんな仕事ですか?
「建物の内部外部の天井や壁、鉄部等を塗る仕事です。」


Q3 施工する際、どんな事に気を付けていますか?
「仕上げ作業なので、塗り残し、ムラ・カスレ等がないように丁寧に塗装するよう心がけています。」


Q4 今までで大変だなと思ったことはなんですか?
「外壁の塗装作業の時、大雪が降った年が数年前にあって、いつまでも塗装できない状態が続いた時は工期も含めて大変でした。」


Q5 この仕事で難しいことは何ですか?
「どの作業も大切で、全部気を遣うし難しいです。」


Q6 何か工夫して作業していることはありますか?
「多人数で作業にあたる時は、一人一人の手が止まらないように段取りよく作業するようにしています。」


Q7 仕上げ工事で他業者に気を使うこともあるかと思いますが、それはどんなことですか?
「前後の工程が必ずあるので他業者としっかり打ち合わせをし、仕上がっている箇所は汚さないよう気を使っています。 汚してしまったりした場合は、すぐにその業者さんに報告して謝っています。謝って済めばいいのですが......。」


Q8 塗装工事で求められる施工技術とはどんな技術ですか?
「全ての塗装作業員の技術がお客様の満足のいく品質を確保し、対塗物の美観保護性を可能な限り高めるように施工する 技術が求められると思います。」


Q9 仕事のやりがいは何ですか?嬉しかったことは何ですか?
「月並みですが、お客様に奇麗ですね、ありがとうと言われると嬉しいしやりがいも感じます。 また次回もよろしくね。が一番嬉しいです。」


Q10 小川組と一緒に仕事をしてきて、どんな所に魅力を感じますか?
「いろいろな建設会社がありますが、小川組さんは地元に強く、何よりも監督さん一人一人に責任感があり、 打ち合わせ等がスムーズに行なえて非常にまとまっていて頼もしいです。」


松村塗装②.jpg
[塗装業Aさん]





インタビュー2
造作大工①.jpg

Q1 職種はなんですか?
「造作大工です」


Q2 どんな仕事ですか?
「家の構造となる壁や床を作ったり、枠や化粧板等を取付します」


Q3 施工する際、どんな事に気を付けていますか?
「後仕事(クレームによる修繕等)がないようにしています。 修繕になると範囲が大規模になるためです。」


Q4 今までで大変だなと思ったことはなんですか?
「いやーいつも大変なんです笑」


Q5 この仕事で難しいことは何ですか?
「精度ですかね。垂直、水平等 基本となる部分を構成します。」


Q6 何か工夫して作業していることはありますか?
「やはり大工なので他業者との取合いや、納まりを気にしながら作業しています。」


Q7 内装工事で他業者に気を使うこともあるかと思いますが、それはどんなことですか?
「未固定や未接着、施工不良がないようにしています。」


Q8 造作工事で求められる施工技術とはどんな技術ですか?
「文字の通り、造作ですので 現場で切ったり削ったり加工したり細かい作業です。」


Q9 仕事のやりがいは何ですか?嬉しかったことは何ですか?
「自分次第で自由に部屋や家を作れることですかね。ま、現場では設計図通りに作らないといけないのです。笑」


Q10 小川組と一緒に仕事をしてきて、どんな所に魅力を感じますか?
「やはり、いい建物を作るという意識は同じなので、今後も一緒にものづくりをしていきたいです。」


造作大工②.jpg
[造作大工Bさん]






インタビュー3
職人さん①.jpg

Q1 職種はなんですか?
「総合内装工事です。現場代理人もやっています。メンテナンスや小さな工事は自分でも施工します。」


Q2 どんな仕事ですか?
「内装工事に伴う、軽鉄・ボード・GL・クロス・床木工事です。見積りや職人の手配、材料の発注や打合せも行ないます。」


Q3 施工する際、どんな事に気を付けていますか?
「現場では他業者との絡みや工期を考えての人選、施工や他の場所を汚さないように養生したり、緊急を要する場合の対応や時間帯などです。」


Q4 今までで大変だなと思ったことはなんですか?
「予算や工期のない現場。他業者や現場の絡みで施工できず工期が無くなってしまった現場。12月から3月にかけて急に決まった工事などです。」


Q5 この仕事で難しいことは何ですか?
「各関係者のスケジュール調整です。」


Q6 何か工夫して作業していることはありますか?
「現場工期や予算に合わせて先行して工事をする事はあります。緊急時に備えて常に対応できるように車に、道具は積んであります。」


Q7 内装工事で他業者に気を使うこともあるかと思いますが、それはどんなことですか?
「現場の工程に間に合っているか。現場で問題が無いか。」


Q8 内装で求められる施工技術とはどんな技術ですか?
「LGS軽鉄・ボードは、仕上りの下地なので、垂直・水平を気にしながら、図面通りに納めることです。」


Q9 仕事のやりがいは何ですか?嬉しかったことは何ですか?
「どんなに厳しい現場でも完了した時、納まった時はホッとします。」


Q10 小川組と一緒に仕事をしてきて、どんな所に魅力を感じますか?
「時にはこちらの事情に合わせて対応してくれる、小川組の監督さん達。」


職人さん②.jpg
[総合内装Cさん]



いかがでしたでしょうか!みなさん真面目で協力的なので、安心して施工を任せられる
大ベテランの方々です。
実際に汗をかいて建物を作っているのはこの職人さんたちです。
この職人さんたちがいなければ良い建物ができません。感謝するばかりです。

それでは今回はここまで!ありがとうございました!!


お問い合せ

最新記事

カテゴリー

バックナンバー

2019年

2018年

2017年

2016年

フロンターレ川崎 川崎信用金庫 川崎ブレイブサンダース 神奈川地方協力本部 防衛省・自衛隊 東京中小企業投資育成株式会社

TOPへ戻る